12.14(月)
まほろ座レストラン
「音楽と食事の夕べ」

 

横浜や都内で活躍中のJAZZベーシスト吉川大介率いる吉川大介トリオ

大好評につきマンスリー出演中!

スタンダードなピアノトリオの演奏に酔いながら、まほろ座のお食事をお楽しみください。

 

【出演】吉川大介トリオ

ベース:吉川大介

ピアノ:寺島優樹

ドラム:小山田和正

 

【営業時間】

18:00~22:00(L.O. 21:30)

 

【演奏時間】

①19:00~

②20:00~

③21:00~

 

【チャージ】

¥500

■吉川大介
富山県出身。
高校時代よりエレクトリックベースを弾き始め、大学時代にジャズと出会いウッドベースに転向。同時期に演奏活動を開始する。
その後上京し、ジャズベースの重鎮、鈴木良雄氏にベース奏法、音楽理論の基礎を師事。同時にボーヤとして演奏の現場を見て学ぶ。また、クラシック奏法の基礎を松野茂氏に師事。
現在は堅実なベースプレイを目指し日々精進している。関東地方を中心に活動中。

■寺島優樹
1983年2・2東京目白生まれ  幼稚園のころから母・兄の影響でピアノで遊び始める。 6歳よりヤマハ音楽教室にてエレクトーンを始め、映画音楽、アニメソング、CMソングなどを耳コピしながら13歳まで習う。
その後14歳になるまでの約1年間はビートルズ、マイケル・ジャクソン、ジャミロクワイ、あと(兄の影響で)ヘビメタ、グレゴリオ聖歌等に影響を受けるが 中学3年より同級生に誘われ人生初のバンド活動開始する。
この時にやっていた音楽は当時の流行の和製ビジュアルポップ路線の曲ばかりで高校3年の夏までに3つ以上のバンドを行き来していた。
と同時に高校1年から2年の夏まで吹奏楽部にも所属しT.SAX担当 していた。
高校3年の夏に初めて JAZZピアノの生演奏を目の前で聴き、これまでやっていた音楽路線から180度転換し本格的にPIANOを習い始める。
2001年に尚美学園大学入学し守屋純子氏に大学卒業まで師事するようになる。
大学時代は地元のキャバクラ、クラブ、ピアノラウンジにてバイトとして演奏活動開始。19歳の頃から都内のJAZZクラブ、JAZZ喫茶にてセッション参加し始め、その後20歳の時からJAZZセッションの登竜門的老舗の店の一つ、高田馬場イントロにてセッションホストを務めるようになる。 
 2005年尚美学園大学JAZZ・POPS科を優秀者として無事卒業する。その後1年昼夜かまわず、営業的な演奏、ライブを精力的に活動するが、 更なる技術向上の為に2006年にNYに短期留学しピアニストのジョアン・ブラッキーン氏に師事 する。
帰国後も引き続き演奏活動に没頭する中、2008年度第27回 浅草JAZZコンテストのソロ部門にてグランプリ受賞しその年の夏に上野JAZZ INに出演する。現在は自己のトリオやサイドマン、POPSグループのサポート等活動中。
2013年 11月 初リーダーアルバム TERAGINAL発売
好きなプレイヤー BARRY HARRIS  BENNY GREEN . RED GARLAND etc

■小山田和正
幼少の頃からは音楽に親しまず、小学校3年生でソプラノリコーダーを手にし、そこで初めて楽器の楽しさに目覚めました。以降は、中学校で吹奏楽部に入部し、クラシックパーカッションに触れて本格的に打楽器を始め、高校ではロックバンドを経験。大学ではジャズ研に参加。ブラジル音楽にも興味も持ち、2006年には浅草サンバカーニバルに参加するなど、ジャンルという枠に拘らない活動を積極的に行っています。
楽器好きで、楽器のメンテナンスや改造、リペア好きです。
ライブハウス常設のドラムセットなど、リペア・メンテナンスも行っています。
レギュラーメンバーとして活動したソノダバンドでは、メジャーレーベルからのCD発売や、日本全国から海外に至るまでの様々な公演、多数のアーティストとのコラボレーションなど精力的な活動を展開しましたが、2014年3月31日に解散。
現在はフリーランスとして活動しています。