5.25(土)

TRIO’(トリオッ) at  Mahoroza

 

ドラマー市原康が2004年に立ち上げたジャズピアノトリオTRIO’がまほろ座初登場。
日本を代表する3名が固有の世界観を放つオリジナル曲は必聴。
どうぞこの音の世界に酔いしれてみてください。

 

【出演】TRIO’(トリオッ)
市原康(Dr)
福田重男(Pf)
森泰人(Ba)
【開場/開演】18:30 / 19:30
【前売/当日】¥3,500 / ¥4,000(別途2オーダー以上)
【座席形態】全席自由 / 先着順入場
【チケット販売】
・プレイガイド:Livepocket(〜5/25 0:00)
 https://t.livepocket.jp/e/190525n

※プレイガイド優先(予定枚数に達し次第終了となります)
※初回お申込みにはLivepocket新規会員登録が必要となります。
※ご購入後、キャンセルによる払い戻しは出来ませんのでご注意下さい。


【電話予約・お問合せ】
まほろ座(〜5/24 19:30)

・TEL 042-732-3139(16:00~19:30)
・E-MAIL ticket@mahoroza.jp


※ご予約確定後のキャンセルはご遠慮ください。

★車椅子をご使用の方、身体の不自由な方で特定の座席指定や特別なサポートが必要な方は事前に上記までご連絡下さい。​



◆Livepocket-Ticketとは?
PCや携帯電話(スマホでもガラケーでも)からチケット購入、その場で発券。
※面倒な窓口での受け取りは必要ナシ!
※チケットはプリントアウトして使用することもできます
詳細→https://t.livepocket.jp/regist_navigation/user

TRIO’について・・・

 TRIO’ (トリオッ)・・ドラマー市原康が2004年に立ち上げたジャズピアノトリオ。現在までに6枚のアルバムをリリース。ピアノには日本を代表するジャズピアニスト、福田重男。ベースにはスウェーデン在住で、ヨーロッパを活動拠点とする森泰人。そしてドラムは、どちらかと言うとスタジオミュージシャンとしての方が名前が知れているかも知れません。市原康。この三人限定のグループで、今年15年目を迎えます。

 

 「オリジナル曲もいわゆるスタンダード・ナンバーもTRIO’固有の世界をもち、そのサウンドは自ずと哲学の薫りを放つ。静謐であることを当為としつつも決してそれを宣揚することはなく、いわばしじまの鐘の打ち方の模範を控えめにそっと示すスタイルにすっかり魅了されます。」(半田昌樹 東北学院大学教授) 

 

中小路太志/コーディネーターによる・・

 刻々と表情を変え続ける海と空。永遠に熟すことを求めないTRIO'。

 揺るぎある・・?絶妙なドラムさばきで人のひだに刻むドラマー、市原康の呼びかけで集まったいぶし銀たち。感情と理性の制御を越え、突き抜ける旋律でピアノを打つ福田重男。奥深くにある魂のささやきに耳を傾け、コントラバスを弾く森泰人。この経験豊かな只者ではないおやじ達が、原点に戻って切磋琢磨し、自ら紡ぎだす音のみに向き合った。