10.3(木) ☆完売御礼☆

森友嵐士(T-BOLAN)Special Solo Live

『DUO〜男たちの宴〜』

 

言わずと知れたT-BOLANのヴォーカリスト。

ロックバラードの王者、遂に「まほろ座」降臨。
倉田信雄のフィロソフィカルなピアノに乗せて、たっぷりとバラードの神髄をお届けします。

 

【出演】

森友嵐士 
Piano:倉田信雄

 

【プロデュース】

手使海ユトロ


【開場/開演】18:30/19:30
【前売/当日】¥9.000/ ¥9.500(別途2オーダー以上)
【座席形態】受付番号順・全席指定


【チケット販売】※1人4枚まで

プレイガイド:Livepocket


森友嵐士ファンクラブ優先受付 予定枚数終了

 https://t.livepocket.jp/e/191003_fc

 

 

・一般販売(9/14 12:00〜) 予定枚数終了

 https://t.livepocket.jp/e/191003

 

※当公演は手使海ユトロスタンプカードでのご招待はできません。押印のみになります。

 

◆Livepocket-Ticketとは?​
※初回お申込みにはLivepocket新規会員登録が必要となります。
※ご購入後、キャンセルによる払い戻しは出来ませんのでご注意下さい。

 


【お問合せ】
まほろ座
・TEL 042-732-3139(16:00~19:30)


★車椅子をご使用の方、身体の不自由な方で特定の座席指定や特別なサポートが必要な方は事前に上記までご連絡下さい。
 

 

 

 

森友 嵐士(もりとも あらし)
1965年生まれ広島県出身。
1991年T-BOLANシングル「悲しみが痛いよ」でメジャーデビュー。
代表曲「離したくはない」「Bye For Now」「マリア」をはじめ、15枚のシングルと10枚のアルバムをリリースし、
総売上枚数1700万枚を記録。
1994年 原因不明の発声障害のため、以後、歌えない状態に陥る。
1999年12月、自伝エッセイ「泥だらけのエピローグ」を出版、同年12月をもってT-BOLAN解散。以降、音楽活動を休止。
2001年10月スタートの番組、ラジオ日本「森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!」のパーソナリティを務める。(現在も放送中)
2009年11月「森友嵐士」としてソロ音楽活動再開。
2010年3月ファーストシングル「抱きしめていたい/キズナ」をリリース。
2011年4月、森友嵐士としての第一弾バラードミニアルバム「オレのバラッド」をリリース。
同年クラッシックホールでのヴォーカル、ピアノ、チェロの3人編成を中心としたLIVE[男たちの宴]を展開。
9月セカンドシングル「祈り/涙の壁」をリリース。
2012年、[男たちの宴]にて比叡山延暦寺、京都高台寺、広島厳島神社、など神社仏閣での奉納LIVEをスタート。
『墨象家』としてもデビュー。ガレリア・プロバ代官山ギャラリー、ミュゼオアートギャラリーにて、個展を開催。
処女作「絆」がメトロポリタンオペラ歌劇場総裁へ贈呈される。
同年、6月、T-BOLAN再結成。「BEING LEGEND Live Tour 2012」16都市18公演にT-BOLANとして参加。
2013年 森友嵐士 ソロAcoustic Live2013 [男たちの宴] ツアースタート。全国6公演を行う。
2014年T-BOLAN THE MOVIE劇場公開。
4月、渋谷公会堂にてT-BOLAN「Back to the last live!!」を行う。
2015年ゴールデンボンバー鬼龍院翔とmorioni結成。2月にシングル「サヨナラは歩き出す/離したくはない」をリリース。
2016年1月28日、東京マラソン10周年記念ソング『駆け抜ける愛のうた ~はじまりのday by day~』を発表する。


 

倉田信雄(くらたのぶお):PIANO

1955年、横浜生まれ。ネム音楽院在学中の1977年、講師であったギタリスト安川ひろし氏の勧めにより、スタジオミュージシャンとして活動を開始。

ちあきなおみ「百花繚乱」(1991)、倉本聰の芝居「走る」(2017) など、作編曲や音楽監督の仕事も数多い。森山良子など多くのアーティストの音楽監督を長く務める。現在、さだまさし、小林エミ、森友嵐士、今井美樹のサポートほか、幅広く活動中。