S__14000143.jpg

3.27(土)★入場席完売御礼★

 限定入場・ライブ配信 

 

KEIGO TAKASE and The Boogie Jamboree JUMP & JIVE Live 2021 Spring

 

高瀬啓伍率いる
ブギ・ウギ・ジャンボリー、始動!

ブギウギやブルース、ニューオリンズジャズなどのブラックミュージックはもちろん、
国内外のヒットチューンまで幅広くカバー!
若き4人のミュージシャンが織りなすグルーヴィーなサウンドをご堪能ください。

★ソーシャルディスタンスを考慮し、会場の座席数を50%程度減らしての開催となります。

 

【出演】

KEIGO TAKASE and The Boogie Jamboree
高瀬啓伍(Pf)

YURIE(Vo)

楠瀬亮(Ts)

今池輝一(Dr)
 
【開催日】2021年3月27日(土)
 
【開場 / 開演】17:00 / 18:00 (20:00 終演予定)

 

 会場入場チケット 

◆料金
前売¥5,000(別途飲食2オーダー以上)
当日¥5,500(別途飲食2オーダー以上)
※限定入場
※指定席(お席はお選びいただけません)

◆発売
❶プレイガイド:Livepocket
1/31(日)12:00~3/26(金)23:59まで
https://t.livepocket.jp/e/kd1fd

※Livepocket新規会員登録が必要です。
https://t.livepocket.jp/help/about


❷電話予約:まほろ座 MACHIDA(火~日曜日15:00~19:00)
1/31(日)15:00~3/26(金)19:00まで
042-732-3139

☆プレイガイド販売で終了する可能性もございます。
※チケットご購入・電話予約後のキャンセルによる払い戻しはできませんのでご注意ください。
★車椅子をご使用の方、身体の不自由な方で特定の座席指定や特別なサポートが必要な方は事前にご連絡下さい。(042-732-3139 火~日曜15:00~19:00)


★新型コロナウイルス感染症に関する取り組みについて★
*会場入口での検温、アルコール消毒、マスクの着用にご協力ください。
37.3度以上のお客様には入場をお断りする場合がございます。
☆以下「ご協力のお願い事項」を必ずご一読お願い申し上げます。
https://www.mahoroza.jp/2020

 


 ライブ配信チケット 

◆料金 ¥2,500
◆配信開始:3/27(土)18:00~
◆アーカイブ配信期間:4/2(金)23:59まで
◆発売:2/8(月)12:00 〜 4/2(金)21:00まで
プレイガイド:イープラス Streaming+

https://eplus.jp/sf/detail/3378440001-P0030001
ご購入くださった全ての方へ15分程のメイキングムービーを差し上げます。
後日メールにてご案内いたします。


《イープラスのご利用が初めての方》
会員登録のためのご利用ガイド
https://eplus.jp/sf/guide/service
《Streaming+ご視聴方法》
ライブ配信視聴者ご利用ガイド
https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide

 

【お問い合わせ】

まほろ座 MACHIDA
ticket@mahoroza.jp
・042-732-3139(火~日曜15:00~19:00)

【出演者プロフィール】

高瀬啓伍〈Piano〉
1998年11月15日生まれ。
4歳からピアノを始め、神奈川県立弥栄高等学校芸術科音楽専攻にてクラシック音楽を学ぶ。
現在はブギウギピアノをライフワークに、ピアノブルースやラグタイムなど幅広いピアノプレイスタイルを展開し、ソロコンサートを筆頭にジャズバーやレストラン、ライブハウスにて多彩な演奏活動に取り組んでいる。
ポピュラーミュージックにも通暁しており、華やかかつ艶やかなオリジナルアレンジの豊富なレパートリーを持つ。
2019年夏から秋にかけて、ブギ・ウギ・ピアニスト ジュンス(p)とともに全国4ヶ所6公演を回り、盛況のうちに終演した。
2020年1月10日にアルバム「Magical Boogie Wonderland」(株式会社ワイズ音楽出版)をリリース。
他にも、YouTube「Keigo’s JUKEBOX」などのオンラインコンテンツにも力を入れている。
これまでにクラシックピアノを小見山園子、大須賀かおり、奥村友美の各氏に師事。
斎藤圭土氏(from レ・フレール)主宰 ジャパン・ブギ・ウギ・アカデミー 第1期生。

YURIE〈Vocal〉
1989年神戸生まれ、姫路育ちのシンガー。
2014年にブルーノート東京で行われた "social jazz session" にてリー・リトナー、クリスタル・ケイとの共演し、その模様がユーストリームにて全国放送される。
2015年にユニバーサルミュージックより「#Jam_In_Wonderland」でメジャーデビュー。
TBS系番組への出演やよさこいシンガー、クラブDJなど幅広く活動を重ねながらこれまでに4枚のアルバムをリリース。
2019年3月には渋谷duo EXCHANGEで開催したワンマンライブへ220名を動員。それらの売上をNPO法人キッズドアを通じて、貧困児童の教育支援に寄付する活動をしている。
2019年12月よりFM狛江にてレギュラー番組開始。
2012年浅草ジャズコンテストにて審査員特別賞、2013年さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト入賞、2014年Social jazz sessionにて優秀賞、2015年ジャズワールド誌主催ジャズボーカル新人賞など多彩な入賞歴を持つ。

楠瀬亮〈Tenor Saxophone〉
高知県出身。
東京芸術大学サクソフォーン専攻卒業。
在学中にビッグバンドを立ち上げライブ活動を行う。
その他にもロックバンドや即興で音楽を作っていく “LASENÃS COLECTIVO” にも参加している。

今池輝一〈Drums〉
母の影響で慣れ親しんだロックバンドサウンド、ゲーム好きな父の影響で始めた太鼓の達人がドラムのルーツ。
中学時代、吹奏楽部でパーカッションを担当。クラシック的な打楽器の基礎を学ぶ。
高校時代、映画「スイングガールズ」のモデル校となった兵庫県立高砂高等学校のジャズバンド部に所属しジャズドラムを学ぶ。"Japan Student Jazz Festival" において2015年・2016年ともにナイスプレーヤー賞を受賞。
その後、昭和音楽大学短期大学部ポピュラー音楽コースへ入学。ドラムを則竹裕之、江尻憲和、江口信夫の各氏に師事。2020年3月、昭和音楽大学短期大学部ポピュラー音楽コースを首席で卒業。
現在は神奈川や東京を中心に、ドラム講師、バンド活動、サポート活動などの音楽活動に励んでいる。