top of page
220702_suzuki.png
rogo(1).png

【プロフィール】

鈴木聖美

  • 7月20日生まれ

  • 東京都大田区大森出身

  • AB型

  • 蟹座

  • 東京は下町大森に3代続く江戸っ子として生まれる。

  • その気質はまさに江戸っ子で、20才まで浅草の祭で神輿をかつぐ。当時女の担ぎ手は少なかった。小学校高学年で日本の神さまについで、西洋の神様の歌Soul-Gospelに触れる。

  • 20才の頃バンドで歌い、数々のコンテストで優勝、プロからの誘いを受けるが "女の幸せは結婚" とバンドを抜ける。その頃姉の聞いていた音楽に影響を受け、弟がバンドで活躍。やはりコンテストで優勝し、弟のバンドはプロデビュー。シャネルズと言う名前だった。

  • 鈴木聖美は2児をもうけ、弟の活躍を見守っていたが、離婚。2児を抱え仕事をしながら、弟の勧めでシャネルズのライブでアマチュアとして歌う。そのライブの "おねーちゃんコーナー" は評判を得て、そのコーナーのために作曲家井上大輔氏がオリジナル曲「TAXI」をくれた。そしてアマチュアのままシャネルズ+1として1980年「もしかしてI LOVE YOU」をレコードリリース。

  • それから7年後1987年4月1日「シンデレラリバティー」でデビュー。作詞に三浦百恵、作曲にアンルイスを迎え、大人の女の代表としてポップス界では異例の34才のデビューを果たした。1st Album「Woman」は大人の支持を得て60万枚を超す大ヒットとなる。また収録曲「ロンリーチャップリン」はデュエットソングのイメージを一新する新しい定番となり、「TAXI」は今だにカラオケのTOP10内に位置している。

  • 1990年、自らのオフィスACAPPELAを設立。ラッツアンドスターからはなれ、一人のシンガーとしての確立を目指し1992年東芝EMI TM FACTORYに移籍。9月移籍第一弾L.A録音「VOICE」を発表。自ら作詞作曲を手がける。

  • 93年「TAXI」につぐカラオケの定番となった「GOODBYE」をリリース。

  • 94年にはオリジナルアルバム「For my friends」の発表と同時に、アースコンシャスのテーマ曲にもなり、世界初の東京ーロスアンジェルスISDN回線を使ったピーボ・ブライソンとのデュエット「Touch the world" を筆頭に、マイケル・マクドナルド、ウェンディー・モートン、ワイナンズ、マリリン・マーティン、トミー・ファンダーバークなどとのコラボレーションAlbum「Duets」を発表。その後の日本人と海外アーティストとのデュエットの先駆けとなった。

  • その間のsingle「恋のゆくえ」は、またカラオケで話題になり、有線でもチャートをかけ上がった。そして94年「めぐり逢えたから」を発表。"実らない恋3部作"「GOODBYE」、「恋のゆくえ」、「めぐり逢えたから」を完成。

  • 1996年には、東